MENU

金融業界からの転職!いかに転職エージェントを使いこなすか

IFAへの転職は広い意味での金融業界への転職と違い、情報量が少なく何から初めて良いかわからないという方もいらっしゃるかと思います。直接的な知り合いがいれば別ですが、そうでない場合には試しに転職エージェントの助言を受けると、思いも寄らない条件のIFA法人を紹介されたり情報が取得出来るかも知れません。このコラムではその基礎編として転職エージェントとは何か、そして利用する際の心構えをご紹介します。

目次

転職エージェントとは?

一般に転職エージェントは「民間の」職業紹介事業者を指します。職業安定法ではこの民間の職業紹介事業者は有料職業安定事業者とされ、求職者(転職希望者)と求人者(企業)との仲介を行って、双方の要求を満たすような転職の実現を目的としたサービスを提供します。

なお、公的な職業紹介事業は公共職業安定所(ハローワーク)等が存在します。

無料で登録や情報提供を受けることができる

求職者(転職希望者)側はこれら転職エージェントへの登録や情報利用を無料で行うことができます。なぜなら転職エージェントの売上は求人企業に依存するからです。
一方、求人企業側は転職エージェントから紹介された求職者を雇用し、採用から一定期間が経過した際に求職者が求人企業に在籍していた場合に、転職エージェントに対して報酬を支払います。転職エージェントの報酬相場は、一般に年収の30%前後のようです。

以前はヘッドハンターという名称で呼ばれていた

現在のように日本において転職市場が現在のように活況を呈する以前は、転職エージェントはヘッドハンターという名称で呼ばれていました。今でもヘッドハンターという名称で呼ばれる業者もいますが、それは経営者レベルの人材を求める各業界の大手企業からサーチ依頼をされた業者が、その仕事上の評判をもとに見つけ出してスカウトし、企業に引き合わせるというケースです。
このようなケースの転職エージェント業者は「エグゼクティブエージェント」や「エグゼクティブサーチ」などと呼ばれる場合もあります。このようなケースで求められる人材は普段は転職を考えていない方が多いようです。ヘッドハンターという言葉通り、あたかも「首狩り」のような思いもがけない機会というわけですね。

接点は主に転職サイトから

転職希望者と転職エージェントとの接点は転職サイトです。多くの転職エージェントは転職サイトに求人案件を掲載しています。転職希望者と転職エージェントが接点を持つ流れは概ね以下のとおりです。

  • 転職希望者自らが転職サイトに自身の情報を登録します。
  • 転職希望者自ら転職エージェントが持つ求人企業の求人案件に申込む、もしくは、その転職サイトに登録された転職希望者の情報を見た転職エージェントがスカウトメールという形で転職希望者に連絡をとります。

転職エージェントは何を目的に利用する?

転職エージェントを利用する際は無料だからといって負い目に感じることは全くありません。転職エージェントの収益は全て転職希望者の転職成功にかかっていますので、むしろ積極的に利用しましょう。

求人案件を紹介してもらう

転職エージェントと接点が出来ましたら積極的に求人案件を紹介してもらいましょう。「この求人案件は自分には無理かも知れない」という思い込みは禁物です。転職は一生にかかわります。やりたい仕事や入社したい会社、報酬等の積極的に希望を出して紹介してもらいましょう。

自身の強みを引き出してもらう

例えば仕事がとても出来る方であっても履歴書や職務経歴書の構成や書き方が上手くないと自分の強みや魅力が企業側にはなかなか伝わりません。
その結果、実力があるのに面接前の書類選考の段階で落選してしまうケースも多いようです。このような自分では分からない自分の強みを転職エージェントに相談することによって引き出してもらうのが良いと思います。例えば履歴書や職務経歴書の添削をしてもらうことで自分の魅力をしっかりと企業側に伝えることも転職エージェントの活用方法のひとつです。また、転職エージェントから企業に応募し書類選考を通過すると本番とも言える面接となりますが、面接での企業ごとの対応の仕方についても積極的に質問しましょう。

転職エージェントを利用する際の心構え

無料で転職先の紹介や情報提供等をしてもらえる転職エージェントですが、その利用には注意することもあります。例えば転職がそれほど一般的では無くインターネットの普及と職業安定法の改正により転職エージェントが出現し始めた2000年代初頭と、2022年という現時点では転職エージェントの利用の仕方は少々異なる様相になっているようです。

転職エージェントに門前払いされることがある

転職サイトに掲載されている求人案件に応募しても取り扱う転職エージェントから門前払いされてしまうケースがあります。業種や職種、その双方が全く異なる場合にこのようなケースがあります。
門前払いはあくまでその転職エージェントの主観に過ぎません。同じ求人案件を扱っている別のエージェントに依頼すると門前払いどころか企業の書類選考通過というケースが多々あります。大抵の求人案件はそのエージェント独占ではなく別のエージェントも扱っているものです。諦めず別の転職エージェントに相談することをお勧めします。

スカウトメールが来ても浮足立たない

転職エージェントが参加する転職サイトに登録するとスカウトメールが1日何通も来ることがあります。しかしそれに浮足立つことは禁物です。特に昨今の転職ブームでは転職エージェントは「質より量で稼ぐ」傾向があるといいます。つまり、スカウトメールという実際には企業からのスカウトでもないメールを網のようにばら撒き、アドバイスもそこそこにどんどん企業に応募させるというものです。スカウトメールはスカウトではなく単なる求人案内という気持ちで自分にあった仕事の観点で取捨選択をしましょう。

常に他の転職エージェントと比較する

転職エージェントの利用の仕方には、最初から一人の信頼できるエージェントに頼るやり方と沢山の転職エージェントと接触して気に入ったエージェントを複数利用するというやり方があります。
筆者は転職エージェントは複数利用することをおすすめします。大手人材紹介会社に所属する転職エージェントだからといって魅力的な求人案件を複数持っていたり、アドバイスや情報提供力に長けた優秀な転職エージェントとは限りません。筆者のおすすめは複数業界をカバーする大手エージェントと自身が所属する業界の専門エージェントを複数利用することです。この方法をとれば意外な業界から魅力的なオファーも期待できますし、所属する業界の注目案件を紹介してもらえるという効果があります。

内定の文書を受け取るまで気を抜かない

転職を巡る業界、特に転職エージェントは今激しい競争にさらされています。つまり人材紹介会社が激増する中で他のエージェントとの間で内定がすぐ出るような優秀な転職希望者を奪い合う様相となっているのです。そんな状況下では功を急ぐあまり調子が良いことを言って転職者を惑わす者も存在します。

「内定確実」「この会社で最終面接で落ちることはない」「あの面接官は友達同然」

転職エージェントが発するこのような言葉を信用することのないよう注意すべきです。大転職時代だからこそ企業の側も優秀な人材が次から次へと応募してくるのを知っているのです。くれぐれもその言葉を信じて内定通知書やオファーレターを受け取っていないのにフライングして現職に辞表を出さないように注意してください。

空前の転職ブームでエージェントの技量は玉石混交に

昼夜問わず転職エージェントのテレビCMが流れる2022年はまさに大転職時代です。これまで少々辛口なコメントも含めて書きましたが、このような状況の中で転職エージェントの技量はまさに玉石混交となっているといえます。よって自分自身で転職エージェントの技量だけではなく人間性も確かめる必要があります。転職サイトに掲載されているからといって信頼しすぎないよう自分の目を持つことも大事です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次