MENU

IFAへの転職!金融経験を活かす転職戦略

特に証券関連業務に従事する方なら一度は聞いたことがあるIFA。本コラムでは証券業界のみならず金融業界の営業マンにとって転職先として注目されつつある職業、IFAへの転職の動向をご紹介します。

目次

IFAの魅力と転職のメリット

IFAの魅力はどこにあるのでしょうか。ここではIFAという仕事の魅力と転職するメリットをご紹介します。
いずれの項目についても、IFA法人によっては差がありますので転職を考える際にはしっかりと下調べや面接の際に注意深くヒアリングをすることをお勧めします。

中立の立場から専門性の高い提案ができる

IFAは証券会社の社員ではなく、証券会社とは独立した立場で営業活動を展開していきます。IFA法人が証券会社と業務委託契約を結んでいるからといって、IFAは資産運用のアドバイスや商品の販売に関して証券会社から指示を受けることはありません。よって、もちろん証券会社からノルマを課されることはありませんし、証券会社が推奨する商品を提案することもありません。お客さまにふさわしい商品やサービスをIFA法人が業務委託契約を結ぶ証券会社の中から取捨選択し、お客さまに提案ができるのです。

長期間にわたってお客さまと付き合える

IFAは証券会社など金融機関の社員ではなく独立した立場で活動し、転勤や配置転換などは基本的にはありません。そのため、地域に密着して長期的にお客さまの資産運用をサポートしていくことが可能です。
つまりIFAは、金融機関に所属する営業担当と比べてより信頼関係を構築でき、世代を超えて資産運用のアドバイスができるのです。金融機関の営業担当のように数年で転勤があると、信頼関係を構築する前に担当者が変わってしまいます。お客さまが長期間に渡り資産運用をする場合、担当者が変わらないのはIFAの強みです。

豊富な種類の金融商品から提案できる

一般にIFA法人は複数の証券会社と業務委託契約を締結しているため、IFAは豊富な種類の金融商品から顧客に最適なものを選択可能です。一方、証券会社の営業マンは自社が取り扱う商品しか顧客へ提案できないため、提案できる商品の種類が限定されます。このように複数の証券会社の商品を取り扱うことができるIFAは、状況に応じて最適な商品を顧客に提案できるのが強みです。

年収アップが見込める

業務委託契約では、完全歩合制がほとんどですので実力があれば年収は天井知らずと言われます。ただしフリーランスは、仕事が出来なければ収入も無くなりますので、諸刃の剣とも言えます。

なお、以下の記事(「そこが知りたい!IFAの年収はどれくらい期待できるのか?」)ではIFAの年収について考察しています。ご参考にしていただければ幸いです。

自由度がある

IFA法人に所属する場合であっても業務委託の場合は基本的に個人事業主でありフリーランスですので、仕事の進め方などの自由度が格段にアップします。組織に縛られることに拒否反応がある方には魅力的でしょう。

なお、アドバイザーナビ株式会社が実施した「現役IFAに対するアンケート結果について 2022年度版」によると、IFAになるときの最重視ポイントとして最も多かった回答は「自由さ」で、約半分を占めました。

IFA回答者の「IFAになるときの最重視ポイント」(「現役IFAに対するアンケート結果について 2022年度版」より)

一方で「インセンティブ率」という回答は、 全体の15%と意外にも低い結果となりました。

IFAになる3つのルート

IFAになるには3つのルートがあります。転職を考える際は、まずはIFA法人に所属する1と2のルートがおすすめです。

1.IFA法人と雇用契約(正社員・契約社員)

IFA法人の社員として会社と雇用契約を結び正社員または契約社員として働くするパターンです。
一般的に正社員や契約社員といった社員としてIFA法人で働く場合は、業務委託によるIFA法人への所属に比べて、契約を獲得した場合のインセンティブ率が相対的に低いという特徴があります。なぜなら、一般的に無期雇用(正社員)や有期雇用(契約社員)に関わらず、社員の場合は企業は社員に対して、毎月の給与や賞与がある他、労働保険や社会保険の負担、さらには企業によっては福利厚生など諸々の「固定費」を社員のために支払うからです。

2.IFA法人と業務委託契約(個人事業主)

IFA法人と業務委託契約(委任契約)を結ぶ働き方です。
業務委託の場合は契約内容にも寄りますが、IFA法人に所属するIFAは完全歩合給(実績報酬制)が多いとされます。つまり社員のように固定給等といった「固定費」が無い代わりに、契約を獲得した場合にIFA法人から支払われるインセンティブ率が相対的に高くなるという特徴があります。

3.個人(個人事業主)・法人(IFA法人)として独立(金融商品仲介業者)

個人(個人事業主)または法人(IFA法人)として金融商品仲介業者として独立する働き方です。
ただし、金融商品仲介業者になるためには内閣総理大臣への登録が必要であり、証券会社であるIFAプラットフォーマーとの契約も結ぶ必要があるなど時間やコスト面でかなりの労力が必要であると考えられます。
よって、上述の通り、転職を考える際は、まずはIFA法人に所属する1と2のルートがおすすめであると考えられます。

どんな人がIFAに転職しているか

IFAの前職は?

証券を主体とした金融商品の仲介業務がIFAですので、証券会社の営業マンから転職するのが代表的なパターンです。他にも銀行や生命保険会社などの広い意味での金融業界から転職する人も多いようです。

IFAは金融全般にわたる広範囲かつ高度で専門的な知識と経験が必要となりますので、経験年数の浅い人より、営業で相応の実績を上げてきた人がIFAに転身しているのが現状のようです。

転職理由は?

人によってさまざまですが、年収アップが最も多い転職理由と言われます。一方で組織の一員として会社の方針や支持に縛られる営業に疑問を感じ、お客さまに有益なアドバイスをするためにIFAの道を選んだ人もいます。
組織に属する窮屈さや会社の人間関係を嫌い、「半自営業」的な立場で自由度が高い営業が出来るIFAを目指す人もいるようです。その意味では、上記の通り、アドバイザーナビ株式会社が実施した「現役IFAに対するアンケート結果について 2022年度版」によると、IFAになるときの最重視ポイントとして最も多かった回答は「自由さ」で、約半分を占めました。

転職事例は?

IFAへの転職には以下のような事例があります。ご参考にして頂ければ幸いです。

Aさん

性別年齢:32歳男性/勤務先:大手証券会社営業部/在籍期間:10年

転職検討の背景:顧客とより長く深い関係構築ができる働き方をしたい思い、現職での働き方に悩み始めておられました。

転職決断の理由:顧客とより長く深い関係構築ができるキャリアを望まれ、業務委託型のIFAへのご転職をご決断

Bさん

性別年齢:27歳男性/勤務先:大手銀行資産運用部/在籍期間:5年

転職検討の背景:所属企業が定めた商品の提案や、営業目標達成のための顧客本位ではない提案活動に疑問を抱かれておられました。

転職決断の理由:所属企業が定めた商品提案や営業目標達成のための顧客本位でない提案活動に疑問を抱き、IFAへの転職をご決断

(出典:「IFA転職」より一部引用)

以上、このコラムではIFAへの転職事情の概観をご紹介しました。別のコラムではそれぞれについて詳細に触れていきますのでご期待ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次